早い目に考えておきたい相続問題

若く健康なうちは、相続を考えることはないかもしれません。
しかし、そういう人がいきなり病床に倒れることは少なくないのです。

発作が起きたが最後目を覚まさない、交通事故であっけなく…、という例は後を絶ちません。


そこで問題になるのが遺族です。

残された遺族は悲しい想いをするだけではなく、相続という問題に直面することになります。


結婚は一度だけ、親想いの仲良しの子供たちがいるという場合は、法定相続に基づいて、スムーズに財産が分割されることもあります。

しかし、結婚歴が何度かあり、相続人が多岐にわたる場合は非常に厄介です。


中でも、不動産や株式、現金、ビジネスなど財産が単純ではない場合、誰が何を相続するかで、泥沼の争いになることもあります。さらに、子供がいない夫婦というのもあるでしょう。
これが意外な落とし穴になり、揉めに揉めまくることが多々あります。
残された配偶者にしてみると、財産は自分だけのものと思いがちです。



しかし、法的な権利は兄弟姉妹、親にも及びます。

このことを知らない人が意外と多く、葬式後に揉めるケースが少なくありません。

お金が絡んでくると、身内といえども骨肉の争いを繰り広げることが多々あります。
一番大切な遺族が争いに巻き込まれないためにも、健康な間に遺言書を作成しておくことが大事です。



ただし、法的効力を持つ正式な遺言書でないと意味がありません。

そのためにも、元気なうちに、専門家に相談することが重要です。

All Aboutってとにかくお勧めなんです。